少年サッカーでのパスの練習方法)

hitsuyounakoto
パスは相手がいなくては始まりません。

ですから、練習するときには二人一組で組んで、練習します。

特に少年サッカーの試合では、人数が8人の場合があって、ひとりひとりがボールに触れるチャンスが多くありますし、サッカーの試合ではドリブルやシュートももちろん必要ですが、パスが上手に回せなければチームでプレーすることが出来ませんし、たまたま回って来たボールをずっとドリブルするような単独プレーでは試合になりませんよね。

では、パスが上達する練習方法とはどういったものなのでしょうか。

パスのコツ

まず、パスをするのに、的外れではパスになりませんので、良いパスのコツを覚えましょう。

パスに大切なのはまずはコントロールです。

ですから、練習方法としてはまず静止した状態で、相手の左右や前後を意識しながらパスを出す練習をしましょう。

次に、味方の位置を性格に把握することが大切です。

相手をしっかり見てパスをする練習をしましょう。

二人で交互にパスを交換しながら前にすすんで行き、シュートするという練習方法が良いでしょう。

実戦形式のパス練習方法

パスの練習方法として、実戦形式で動きながらパスの練習をするのは、良いパスをするためのコントロールと味方の位置を把握するのにとても役立ちます。

また、パスは、パスを出すタイミングと、自分が出すパスのコースを相手に読まれないようにしなければなりません。

この実戦形式の練習方法は、試合全体を見渡す事が出来る広い視野を身に付けるのにも、また、パスを受ける側にも、味方がパスを出しやすい位置を把握する練習にも非常に効果的な練習方法です。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大