少年サッカーにおける個人とチーム

hitsuyounakoto
少年サッカーを始めた理由に、友達がやっているから、という人は少なくないと思います。

もちろん、サッカーをやっていれば、それをキッカケに他のチームや他の学校の友人が出来たりと交友の輪が広がっていくこともあるでしょう。

しかし、サッカーを上達するための練習方法を考えた時どうしても個人でできることと、二人以上のチームでないとできないことというのがあります。

では、サッカーを上達するための練習方法として、個人とチームできるのはどんなことでしょう。

個人でできること

まず、個人でできる少年サッカー上達の練習方法としては、ドリブルやリフティングなどのひとりでできる技術を向上させるための練習です。

サッカーをする上での大切なボールコントロールを養うのにはとても良い練習方法です。

また、メンタルトレーニングは、チームでのメンタルと、個人でのメンタルではもちろん違いがありますので、練習相手がだれもいないときなどは、サッカーでの目標を考えたりレギュラーを勝ち取るための戦略を練ったりしましょう。

チームでできること

チームで練習できる少年サッカー上達の練習方法としては、実戦形式を取り入れたものがとても効果的です。

試合を視野に入れた、失点しないためのコンビネーションやカバーリングを含めた練習や得点につなげるためのパス回し、チームとしての戦略を含めた練習方法をたくさん取り入れましょう。

また、チーム全体としてのメンタル面の強化を考えたコミュニケーション方法や練習方法をみんなで考える
ことによって、実戦で活かせるための結束を固めるのも良い練習方法です。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大