少年サッカーに必要な筋力トレーニング法

hitsuyounakoto
サッカーは、ボールコントロールと、試合を上手に運ぶための頭脳の他に、バランスの良い体が必要です。

そこで少年サッカーの上達に欠かせないのが、筋力トレーニングです。伸び盛り、育ち盛りだからこそ上手な筋力トレーニングを取り入れて、バランスの良い筋肉をつけることがとても大切です。

試合中は長時間走り続けたり、また、シュートやロングパス、鋭いパスを送り出すこともありますし競り合って相手とぶつかることもありますが、どのような筋力トレーニングを練習方法に取り入れたら良いでしょう。

バランストレーニング

サッカーではボールを扱うとき、必ず片足立ちになりますので、片足立ちの状態で上手にバランスがとれないとドリブルもキックも正確に行うことができませんし、相手に当たったときにも負けてしまいがちになります。

少年サッカーでのバランストレーニングは、軸足のバランスを鍛えるのではなく、たくさんの筋肉がある体幹を鍛えるのが非常に効果的です。

良い姿勢でバランスが取れるように、体幹筋と呼ばれる腹筋・背筋の周囲の筋肉をしっかりと鍛えましょう。

ハムストリング

少年サッカーの練習方法にも取り入れられているものとして、ハムストリングを鍛えるというものがあります。

ハムストリングとは、足の裏面の筋肉のことで、反転する動きの多いサッカーではとてもよく使われる筋肉です。

片足立ちになり、支えている方の膝を軽く曲げて、体をできるだけ前に水平に倒し、支えている方の足と
同じ側の手を前にしっかりと伸ばします。

顔をあげて太ももを意識しながら、左右前後のバランスを支えるというフォームを、左右交互の足で行います。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大