少年サッカーのストレッチ法

hitsuyounakoto
少年サッカーに限らず、スポーツをする前後には、筋肉や神経の疲労を防いだり、回復をうながすための
ストレッチが大切です。

また、体を柔らかく柔軟に保つことで、ケガをしにくくなりますので、ストレッチはサッカーの前後だけでなく、毎日行うことをおすすめします。

自分ひとりでできるストレッチと、誰かに手伝ってもらうストレッチというのがありますが、ひとりでできるストレッチを中心に、少年サッカーをするにあたって効果的なストレッチの練習方法とはどういったものがあるのでしょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大

ストレッチの基本

ストレッチの基本的な練習方法は、まず、体が冷えているとかえってケガをしたりしますので、必ず体を温めてから筋肉を伸ばすようにしましょう。

また、ムリな姿勢をとらないで、反動をつけずにゆっくりと筋肉を伸ばします。

反動をつけたり勢いよくムリに筋肉を伸ばすと、筋肉や腱を傷つける原因になります。

自然な呼吸をこころがけ強い痛みを感じたり、呼吸が不自然になったりしない範囲で、最大限に筋肉を伸ばすというストレッチの練習方法を覚えましょう。

少年サッカーのストレッチ法

少年サッカーでよく使う、下半身のストレッチは、ひとりでできるものとして、正座の状態から片方の足を前に
延ばし、そのままゆっくりと仰向けになります。

曲げた方の太ももの筋肉を伸ばすストレッチです。

また、両足を延ばして座り、できるだけ両手をつま先に向けて前屈しながら延ばすストレッチは、ハムストリングを柔軟にする効果的なストレッチです。

また、股関節のストレッチとして両足を伸ばして座り、片方の足をあぐらをかくように両手で自分のお腹に引き寄せるというストレッチも効果的です。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする