練習前後のマッサージ法

少年サッカーの指導と練習方法 お役たち情報
ストレッチと同様に、筋肉や神経や間接の疲労を防いだり、疲労の回復をするために、少年サッカーでもマッサージは練習方法に取り入れられています。

また、ストレッチをする前後にも、効果的なマッサージがありますが間違ったマッサージをして筋肉や神経を傷つけたりすることのないように、正しいマッサージ方法を覚える必要があります。

また、マッサージにも色々な種類や方法がありますが、では、少年サッカーをするにあたって効果的なマッサージの練習方法とはどういったものがあるのでしょう。

マッサージの基本

マッサージの基本的な役割は、筋肉や関節などの疲労の回復を手伝うことですが、少年サッカーのように成長中の体をパワフルに動かして使う場合、ケガをしにくくするために、体を動かす前にも行うのが効果的です。

基本的な方法は、体を温めたり血行をよくする軽擦法という軽くさするもの、固くなった筋肉を温める強擦法という強くさするもの、疲労した筋肉をほぐす揉捏法というもみほぐすもの、筋肉の興奮性を高めたり沈める叩打法という柔らかく叩くもの、神経や血流促進をする振せん法という筋肉全体をふるわすもの、鎮静効果のある圧迫法という押すものなどがあります。

少年サッカーのマッサージ法

少年サッカーでよく使う、下半身のマッサージは、ひとりでもできるものがありますが、チームメイトなど二人一組で行う方がマッサージの練習方法としては効果的です。

少年サッカーをする前に筋肉を温めるためには、ふくらはぎなどを軽擦法で軽くさする、また、少年サッカーをした後に固くなった筋肉を柔らかくするためには、揉捏法でハムストリングやふくらはぎをもみほぐす、筋肉痛などには、すねの脇の筋肉を圧迫法で押したり、強擦法で強くさすって疲労回復をうながすといったマッサージの練習方法を覚えましょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大