少年サッカーでのシュートの蹴り方(練習方法)

shoot
プロのサッカーの試合を見ていても、色々なシュートがあるのを見たことがあると思います。

ボレーシュートやヘディングシュート、トゥキックでの鋭いシュートなど、様々なシュート、ゴールがありますが、シュートでもっとも大切なのは、確実に、正確にゴールに入れる、ということです。

少年サッカーでのシュートの練習方法としてまずはキックやパスと違う、ゴール=点を取るための、シュートの正しい蹴り方や動きなどを覚えましょう。

シュートの蹴り方の基本

実戦でシュートを打つときに、もっとも多く使われるのがインステップキック=足の甲で蹴るキックです。

ただし、ボールに当てる足の面が、より平面に近いインサイドキックに比べて、インステップキックは強いシュートにはなりますが、正確に打つのが難しいシュートです。

足の甲の左右に片寄ったりしないように、足の甲にしっかりとボールの中心をとらえます。

足首がしっかり固定されていないと、ボールに当たる面が不安定になって正確に打つことができませんので気をつけましょう。

シュートの蹴り方の応用

少年サッカーでのインステップキックでシュートを打つ練習をするときには、からだ全体の動きにも注意をするようにしましょう。

シュートを打つ瞬間は、目でしっかりとボールの中心を見ます。また、両手は自然に広げて、体勢が崩れたりぶれたりしないようにしっかりとからだのバランスを取りましょう。

ボールを蹴らないほうの軸になる足は、シュートを蹴りたい方向に向けて、ボールの真横に来るように踏み込み、チカラ強く踏み込みます。
軸足の踏み込みが強いと、強いシュートを蹴ることができます。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大