シュートの種類

shoot
少年サッカーでもプロのサッカーでも、サッカーは点を取るスポーツですので、シュートを打たないことには点は取れません。

シュートでもっとも大切なのは、シュートのスピードが速くても遅くても、距離が長くても短くても強くても弱いシュートでも、ゴールに入ればそれは一点なのです。ですから、シュートにも色々な種類があることを知って、他のプレーと同じように、シュートでも自分の得意技を作ることも、サッカーが楽しくなることのひとつです。

ロングシュート

シュートを打つときに一番多く使われるインステップキックの他にも色々なシュートの種類がありますが比較的ロングシュートに多く使われるのが、インフロントシュート=足の親指の付け根あたりから足の甲の内側あたりで蹴るシュートと、アウトフロントシュート=足の小指の付け根あたりで蹴るシュートがあります。

どちらもボールに回転がかかるシュートが打てますので、長距離でなくても、敵の頭上を越えてシュートを打ちたい場合などにも
よく使われるシュートです。少年サッカーでの練習方法は、コーンなどを置いてするとよいでしょう。

短いシュート

少年サッカーでのシュートや、ゴールの近くから、鋭く的確なシュートを打ちたいときに多く使われるのがインサイドキック=足のつちふまずを中心に足の内側全体で蹴るキック、でのシュートと、トゥキック=足のつま先で蹴るキックで打つシュートです。

インサイドキックでのシュートは、強力なシュートを打つよりも、狭いコースを狙う場合や
グランダー=地面を這うような低いコース、のシュートを打つときに向いています。

また、トゥキックでのシュートは強く鋭いシュートを打つのに向いていますが、正確さにかけるので、ゴール近くからのシュートによく使われます。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大