少年サッカーでのシュートの練習方法

少年サッカーでの基本的なシュートの蹴り方と、色々なシュートの種類がわかったら、実際にどのようにシュートを
するのか、考えてみましょう。

少年サッカーでは、キックのチカラがあまり強くない場合も多いので、まずはじめは短いシュートや、正確なシュートを決めることを目標として、練習方法を考えるほうがよいでしょう。

短くても正確なシュートが決められるようになったら、今度はロングシュートや難しい場面のシュートの練習方法に移行していきましょう。

基本のシュートの方法

少年サッカーでの基本のシュートの方法は、まずはボールが止まった状態で、正確に確実にゴールにボールを
蹴れるように練習します。

ペナルティエリアとゴールの間あたりに置いたボールを、シュートする方法です。それができるようになったら、次は二人一組で、相手にペナルティエリア内から、ゴロのパスを出してもらい、走りこんでシュートします。

一見、いかにも練習という形に見えますが、アシストパスからシュートといった実戦でよく見られる形の基本ですので正確にシュートできるようになるまで、しっかりと練習しましょう。

応用のシュートの方法

少年サッカーでの応用のシュートの方法は、ペナルティエリアの範囲内あたりから、浮いたボールを投げてもらうかバウンドしたボールを投げてもらい、タイミングを合わせてシュートします。

ゴロのボールよりも格段にタイミングがあわせづらくなりますので、ボールをしっかりと見て、踏み込むタイミングもしっかりと考えてシュートします。

少年サッカーでも実戦では止まったボールをシュートするのは、フリーキックくらいですから、動いているボールをシュートする練習方法としては非常に効果的です。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大