少年サッカーでのシュートのコツ(練習方法)

shoot
点を取るために絶対に欠かせないシュートですが、毎回毎回、かならずゴールして点に結びつくとは限りません。

これは、少年サッカーではもちろん、プロのサッカー選手でも同じです。

当然、練習の時のように、止まったボールをシュートできる機会はフリーキックくらいしかありませんので、ほとんどは動いている、スピードのあるボールをシュートすることになります。

では、キックやパスなどと同じようにシュートにもコツというのはあるのでしょうか。

ゴールが見えたら

プロのサッカー選手に、シュートのコツはありますか、と聞いたとしたらどのような返事が返ってくるでしょうか。

実は、シュートを打つもっとも大切なコツは、ゴールが見えたら失敗を怖がらずにシュートを打つことなのです。

当然ですが、ゴールキーパーもいますし、相手のディフェンダーもいますが、まずはシュートを打つ、ということがとても大切なのです。

ゴールが見えたらシュートを打つ、これが得点に結びつけるチャンスをつかみとることなのです。

角度をつける

少年サッカーでのシュートにありがちな失敗は、シュートを打つまでの動きが直線的であることが多いのが特徴です。

確かに、早くシュートしたい、点を取りたいという気持ちは分かるのですが、ゴールが見えると、ゴールに向かってどうしても直線的にドリブルして向かったり、正面から向かってしまいがちです。

そこで、少しでもゴール、得点のチャンスを増やすために、ゴールには角度をつけて向かうという練習方法を取り入れましょう。

大きく回りこんだパスを出したりシュート自体に角度をつけるというのもコツのひとつです。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大