少年サッカーでのシュートの練習方法

shoot
少年サッカーでのシュートの練習方法にも様々な方法がありますが、どうしてもゴールに向かって直線的な動きが多くなってしまいがちな少年サッカーでは、単独でドリブルシュートをする場合も、アシストを使ってシュートをする場合も、角度をつける、ということを積極的にとりいれましょう。

細かなシュートの種類の感覚を覚える練習ももちろん必要ですが、実戦ですぐに役立てることのできる練習方法は、長続きしにくい少年サッカーでは大変効果的な練習方法です。

ドリブルシュートの練習方法

少年サッカーでのドリブルシュートの練習方法は、まず、ディフェンダー役をペナルティエリアにひとり置いて練習します。

ドリブルしてディフェンダーをかわしてシュートをしますが、このとき、ディフェンダーの右側からかわしてシュートをするのと左側からと交互に練習するようにすると、ゴールに向かう角度が変わりますので効果的です。

また、ゴールに向かって左右のサイドライン際から、ドリブルシュートをする練習をします。

これも、正面からのシュートに比べて、かなり角度があるように感じるものですので、とても効果的な練習方法です。

アシストを使ったシュートの練習方法

少年サッカーでのアシストを使ったシュートの練習方法は、まず、シュートをする人は左右どちらかのサイドラインから
走り出します。

アシストをする人は、ペナルティエリアからゴロのパスを出します。

パスされたボールにタイミングを合わせてボールに角度をつけてシュートする練習方法です。

また、この練習方法に慣れて上達してきたら、アシストが出すパスをゴロではなくバウンドをつけて投げたり、ややスピードをつけたパスを出して練習します。

どちらも、ゴールに向かっての角度と、シュートの角度をつけることの大変効果的な練習方法です。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大