少年サッカー選手がシュートスピードために

shoot
弾丸のようなスパーン!と決まるシュートというのは、とても恰好よく見ている方も気持ちがいいものですし自分でもそんなシュートが打てた時は非常に嬉しくテンションもあがりますよね。

確かに、ゴールキーパーの手が届く前にゴールするためには、そういった鋭いシュートというのはとても効果的です。

しかし、毎回のようにそういったシュートが打てるとは限りませんし、得点に結びつくとは限りません。

では、シュートのスピードというのはどういったものがよいのでしょう。

士気をあげる

実際には、得点に結びつくシュートというのは、ゴロということもありますし、相手のミスでシュートとは言えないようなキックのボールが得点となることもあります。

しかし、少年サッカーでも、実際の試合や実戦形式の練習ではチームの士気を上げるというのはとても大切です。

そのためには、仮にゴールに入らなくても、得点に結びつかないとしても、思い切りの良い切れ味の良いシュートというのは、シュートを打った本人にとっても、チームの他のメンバーにとっても士気をあげるとてもよい効果があります。

シュートスピードをあげる

では、実際にシュートのスピードをあげるにはどうしたらよいのでしょう。

実は、単純にボールを蹴るための筋力をアップして、タイミングを損なわずにシュートを打てば、シュートのスピードはあがります。しかし、現実には少年サッカーの場合、まだできあがりきっていないからだに、過剰な筋力トレーニングをすることは、非常に負担になったり
ケガの元となる場合があります。

少年サッカーにおいてもっとも効果的にシュートスピードをあげるには、無駄な動きをしないでシュートを打つことです。

正しいフォームを身に付けることのほうが、筋力アップよりも効果的なのです。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大