無回転シュートの少年サッカーにおける練習方法

shoot
最近は、テレビや雑誌、サッカーの記事などで見ることの多くなった無回転シュート。自分も打てるようになりたいと思う人も少なくないはずです。

しかし、少年サッカーを含むプロ以外の実際の試合では、特別必要なシュートではありません。

実際にはゴールキーパー自体も、プロ以外では無回転シュートではないシュートでも取れる確率はそう高くありませんし、ボール自体も一般のものとプロ用のものでは違いますので、少年サッカーで無回転シュートの練習をするメリットはほとんどありません。

無回転シュートとは

少年サッカーでは使わないですし、練習するメリットもほとんど無いとは言え、どういったものなのか興味はありますよね。

無回転シュートとはどういったものかというと、あまり回転のかからないシュートで、空気抵抗を受けやすいためにボールの軌道が揺れるように不規則に変化するので、ゴールキーパーが取りにくいというシュートです。

ブレ球=ぶれだまとも言われていて、原理的には野球のナックルボールと同様と言われていて、ある程度、距離が離れていた方が変化が表れやすいシュートです。

無回転シュートの蹴り方

無回転シュートの蹴り方は、インサイドのやや上側の、足の甲の上のほうの部分でキックします。

インステップキックより正確性が増し、インサイドキックより威力が強いという場所で、ここでキックをすることで無回転シュートを作りだします。

また、ボールの蹴る位置は極力ボールの中心=芯をキックします。

ボールをややすくいあげるようない感覚で、ボールの中心を蹴りたたき、たたいた直後にやや重心を後ろに移動させ、ボールを押し出すような感じでボールに回転を与えないようにまっすぐ蹴りこみます。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大