トラップの種類

trap
トラップの基本は、ボールを止める、ということですが、ボールを止めるにも色々な方法があります。

また、ただ単にボールを止めるというだけでなく、次の動きにつなげるための止め方ができなければなりません。

トラップは少年サッカーでは、キックやシュートよりも初めに覚えるべき、基本的な動きです。

トラップが正確にきちんとできていれば、その続きの動きであるパスやシュートがしやすくなるということなのです。

では、トラップにはどういった種類のものがあるのでしょう。

足でのトラップ

少年サッカーでの、足でのトラップの種類には、足のつちふまずを中心としたイン=内側でトラップするインサイドトラップ、足の甲でトラップをするインステップトラップ、足の小指の付け根あたりのアウト=外側でトラップするアウトサイドトラップ、太ももの付け根に近い部分でトラップするモモトラップがあります。

どれも足でトラップするものですが、キックと違いトラップは、ボールを止める、という動きのため
キックするときとは動きも練習方法違います。

足以外のトラップ

足以外にもトラップの種類はあって、実戦でも多く使われているのが胸トラップ、また、逆にあまり使われないですが、ヘディングトラップというものもあります。

トラップの基礎をしっかり身に付けるための練習方法としては少年サッカーのレベルでは、トラップに必要な感覚を養うのにはリフティングがもっともトラップの練習には効果的です。

リフティングをする時も、トラップのことを意識して、頭や胸、太ももなど色々な部分を使って練習するようにしましょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大