少年サッカーでのインサイドトラップの練習方法

trap
飛んできたボールを、足のつちふまずを中心としたイン=内側で受け止める、トラップするのがインサイドトラップです。

ボールに当てるといっても、トラップはボールを止めるのが目的ですので、インサイドでボールを止めるのはインサイドキックのときと、方法が違います。

トラップはボールのスピードに合わせて、ボールの勢いを吸収するのがポイントです。

少年サッカーでは、まずキックと同様にインサイドでのボールコントロールがしっかり出来ていることが基本となります。

インサイドトラップの正しいやり方

まずは、飛んでくるボールの動きをしっかりとよく見ます。

そして、ボールをインサイドに乗せるような感じで少し上向きに向けてボールを当て、ボールが当たったと同時に、足を少し引くようにして、足元にボールを落とします。

このとき、ボールの軌道が見えていない、または見ていないと、上手にトラップすることができません。

トラップはボールの勢いを吸収しなければなりませんが、失敗してしまうとボールが跳ね返ってしまい、相手にボールを取られてしまうようなことになります。

インサイドトラップの練習方法

少年サッカーでのインサイドトラップの練習方法は、二人一組や、数人の輪になって行うのが効果的です。

二人一組の場合は、交互にボールを投げて、的確にインサイドでトラップが出来るかどうかをじっくりと練習します。

また、数人の輪になって練習する場合は、リフティング練習の中にトラップを含めた練習方法を取り入れると良いでしょう。

トラップをしてから、バックスピンをかけて足でボールを浮き上がらせて持ち上げるという練習方法も同時に行うことが出来ます。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大