少年サッカーでのインステップトラップの練習方法

trap
飛んできたボールを、足の甲で受け止める、トラップするのがインステップトラップです。

インステップでキックをするときはひざから下をコンパクトに振りぬく動きをして、グランダーやハイボールを蹴るのですが、インステップでトラップをするときはチカラを入れすぎると、ボールが跳ね返ってしまい、思った方向とはまったく別の方向へボールが飛んでしまうことになります。

次の動きにつなげれられるように意識して、りきまずにボールを受けるよう練習しましょう。

インステップトラップの正しいやり方

少年サッカーでのインステップトラップの正しいやり方は、まずしっかりと確実にトラップできるようになることです。

本当に確実にトラップができるようになれば、トラップするとみせかけて、キックをするなどフェイントに使うこともできます。

まずは、トラップの基本である、ボールが飛んでくる方向やスピードをしっかりと見て、次にインサイド=足の甲にふんわりと乗せるようなイメージで、りきまずに足の甲にボールを当てて、足元にボールを落とします。

インステップトラップの練習方法

インステップトラップの練習方法としては、まずは二人一組で練習するのが確実にトラップが出来るようになるよい練習方法です。

ひとりが手でボールを投げて、トラップをするほうの人は、ボールの軌道をしっかりと見てインステップでトラップをする練習をします。

ボールの勢いを吸収するのが上手にできるようになってくると、ボールを足元に落とさず、インサイドに直接乗せたままトラップすることができるようになります。

このくらい上達したら、数人でリフティング練習をするときに取り入れるという練習方法がよいでしょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大