少年サッカーでのアウトサイドトラップの練習方法

trap
本来、トラップをするときは、飛んでくるボールに対して正面を向いてトラップするインサイドトラップやインステップトラップのほうが、正確にトラップできる確率が高いのですが、ボールを足のアウト=外側で受けるアウトサイドトラップは、ボールをトラップしてすぐにシュートしたいときなどの、後ろから飛んできたボールをすぐにそのまま前方に運びたいときなどに、使われるトラップ方法です。

少年サッカーでは高度なトラップですのであまり見かけられませんが、正確にできるようになれば、とても心強いトラップになるでしょう。

<アウトサイドトラップの正しいやり方アウトサイドトラップは、少年サッカーでは特に失敗してしまいやすい、足のアウト=外側でトラップをするため、よくボールを見てしっかりと勢いを吸収できないと、思わぬ方向へボールが飛んでいってしまい、せっかくのシュートチャンスを逃してしまいかねません。体を半身にしてボールを受けるタイミングをしっかりと見て、インサイドトラップなどと同様にボールに当たったと同時に足を少しひきます。しっかりトラップできたら、次に行動したい方向へとボールを落とします。アウトサイドトラップの練習方法少年サッカーでのアウトサイドトラップの練習方法は、次の動きにつなげることができるようになるために、二人一組でゴール前でのシュートにつなげる設定で練習を行うか、三人一組で、一人が後方からボールを投げるかキックで送り、アウトサイドトラップでボールを受けた人が、別の方向や前方にいる味方に、スムーズにパスができるようにするという練習方法が効果的です。足の別の場所ではなく、確実にアウトサイドでボールをトラップできるようにしっかりとボールを見て練習しましょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大