少年サッカーでのモモトラップの練習方法

trap
モモトラップ=太ももで受けるトラップは、少年サッカーでもよく使われるトラップのひとつです。

トラップの基本である飛んでくるボールのスピードや勢いを吸収して受け止めるという感覚をつかみやすいトラップですので積極的に練習方法に取り入れると良いでしょう。

また、モモでのトラップは、次の動き、キックやシュート、パスを出しやすい体勢でのトラップですから、リフティングの練習や、実戦形式での練習でたくさん使って、トラップの感覚を養うことを意識して練習しましょう。

モモトラップの正しいやり方

少年サッカーでのモモトラップの練習方法で注意しなければならないのは、モモトラップは、モモキックのときとボールに当てる足の場所、ポイントが違うというところです。モモキックの場合は太もものひざ関節に近い場所でキックをしますが、モモトラップの場合は太ももの付け根に近い部分でトラップをします。

トラップをするほうの足はひざを軽くまげて、ボールが跳ねてしまわないように、手前に引き込むような感じでボールを受け止めます。

モモトラップの練習方法

モモトラップは、トラップの基本の感覚、ボールの勢いを吸収して受け止めるという感覚を養うのに良い動きです。

二人一組で、はじめは相手にボールを投げてもらい、まずボールを跳ねてしまわないよう、太ももの付け根に近い部分でしっかりトラップできる練習をしましょう。

上達してきたら、次は相手にボールをキックでパスしてもらいます。

手でボールを投げるよりボールの勢いがついていますので、馴れてきたら徐々に相手との距離をあけて
さらに強いボールをトラップできるようにするという、練習方法がよいでしょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大