少年サッカーでの胸トラップの練習方法

trap
胸トラップは、モモトラップと同様に、少年サッカーでも、プロのサッカーの試合でも非常によく使われているトラップです。

これは、インサイドトラップやインステップトラップ、アウトサイドトラップなどの足の先のほうを使ったトラップよりも、ボールを受け止める体の面積が広いため、確実にボールをトラップできるためです。

ですから、少年サッカーの練習方法においても、トラップの練習をするときには、まずモモトラップと胸トラップから練習をするのが最適です。

胸トラップの正しいやり方

胸トラップでの、ボールを当てる体の場所は、左右どちらかの鎖骨の下あたりです。

少年サッカーでよくありがちな失敗は、鎖骨の下あたりでなくタイミングを間違えて、肩に当ててしまってボールを跳ね返してしまったり、ハンドしてしまうことがありますので、ボールをよくみてタイミングを間違えないように気をつけましょう。

ボールが当たる瞬間に上半身を後ろにそらして体のバランスをとって、胸にボールを乗せるような感覚でトラップをします。このときに
片方の足を一歩後ろに下げるとバランスをとりやすくなります。

胸トラップの練習方法

少年サッカーでの胸トラップの練習方法は、タイミングをとることが最も重要です。

トラップの基本を覚えるためにもモモトラップの練習方法と同様に、まずは二人一組で相手にボールを軽く投げてもらい、ボールが当たる体の場所をしっかりと見て練習しましょう。

しっかりと胸でトラップでき、体の前にボールを落とすことができるようになったら相手との距離を少しあけて、軌道の長いボールを投げてもらって練習しましょう。

さらに上達したら、今度は相手にボールをキックでパスしてもらい、タイミングと勢いを吸収できるよう練習しましょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大