少年サッカーでのドリブルの練習方法

dribble
普段、サッカーボールを持たないで、普通にあるいたり走ったりするときには、視線はどこに向いているのか手足の動きはどうなっているのかなどは、あまり意識はしないことが多いと思います。

でも、少年サッカーをはじめたら普段のボールを持たないときの動きを意識してみましょう。

理想的なのは、ボールを持っているときも、普段と同じような速さで歩いたり走ったり、自由に動けるようになることですが、そうなるためにはたくさん覚えることや練習が必要です。

ドリブルの基本

まず、少年サッカーでのドリブルの基本は、ボールと足元の距離にいつも注意を持って動くことです。

いつでも、自分の足が届く範囲内にボールを持って動く練習をしましょう。

視線は、ずっとボールを見続けていると次のプレーにつながりませんので、敵の動きも味方の動きも分からなくなってしまわないよう、その動きを確認しながらドリブルができるようにしましょう。

少年サッカーではどうしても体が前傾になってしまいがちですので、普通に歩いたり走ったりするときのように顔をあげて姿勢よくドリブルできるよう練習しましょう。

基本の練習方法

ボールやドリブルすることに慣れるために、少年サッカーでの基本のドリブル練習方法は、まずはグランドにライン引きでレース場のようなコースを作ります。

カーブや直線、S字やヘアピンなどを入れた曲がりくねったコースを作ります。

はじめは、コースからはみ出たりボールが出てしまわないようにドリブルする練習から始めます。上達してきたらひとりずつタイムを計ったり、何人かで競争したりする練習方法を取り入れると、競争意識も湧いて上達への助けにもなるので良いでしょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大