サッカーのドリブルの種類

dribble
ドリブルとひとくちに言っても、歩いたり走ったりと、色々な動きがあります。

もちろん、フェイントや特殊なテクニックもありますが、少年サッカーではまず、基本的なドリブルを学ぶ必要があります。一番の目的は、自在にボールをコントロールできるようになることですので、キックやパス、シュートといった他のプレーにつなげられるような動きができるようにならなければなりません。

基本的なドリブルの種類と方法を知って、ボールのコントロール方法を身に付けることからはじめましょう。

基本的なドリブルの種類

少年サッカーのドリブルの練習方法でまずはじめに覚えるのは、自分の足がいつでも届く範囲にボールを置いて動くことができるようになるということです。

ドリブルの種類としては、もっとも基本的な、ノーマルなドリブルです。

ただし、常に真っ直ぐにボールを転がすというのは、実戦でもあまり見られませんが、はじめはできるだけ真っ直ぐドリブルをして、歩くことから、そして慣れてきたら走りながらドリブルするという練習方法が良いでしょう。

応用のドリブルの種類

少年サッカーでは、まず真っ直ぐボールをドリブルできるようになったら、ドリブルの種類としては応用になるものを練習方法に取り入れていきましょう。

カラーコーンなどをジグザグに交互に設置して、それを左右に迂回しながらドリブルをしていく練習方法などが良いでしょう。

また、ボールを持ったまま、コート内で鬼ごっこをするのは自由にボールコントロールができるようになるために、楽しんで応用のドリブルが学べる練習方法です。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大