少年サッカーにおけるドリブルフェイントの練習方法

dribble
少年サッカーの実戦形式の試合でも、プロのサッカーの試合でも、試合中ドリブルをしていれば必ず相手の
ディフェンダーが立ちはだかります。

味方にパスをしたりして、ディフェンスを回避することもできますが、パスを出して相手選手にカットされるよりも、抜けるものならフェイントをかけるなどして、そのままドリブルでディフェンスを抜いてから、余裕を持って味方にパスを出したいですね。では、ドリブルでのフェイントとはどういった方法なのでしょうか。

基本のドリブルのフェイント

ドリブルのフェイントには様々な種類がありますが、少年サッカーでのドリブルのフェイントの練習方法ではもっとも基本的なフェイントを覚えるところからはじめましょう。

まず、ドリブルをしながら徐々に相手に近づいていきます。

相手に距離が近づいたら少しスピードを落として、ボールを蹴らない方の軸になる方の足を、左右どちらかに大きく一歩踏み込んでフェイントの動作をします。

相手がフェイントにかかってそちら側に体重をかけた瞬間にボールを蹴る方の足のアウトサイドで逆方向にボールを蹴り出します。

ドリブルのフェイントの練習方法

基本のドリブルのフェイントは、一番の基本のものですが、それだけ実戦の試合でも多く使われるプレーです。

少年サッカーでの練習方法としては、はじめは二人一組でフェイントをかけて相手を抜きさる練習をしてフェイントの動きになれて上達してきたら、今度はディフェンダーを数人置いて、全員をフェイントで抜きさる練習をしましょう。

ディフェンダー役の人は、フェイントにかからない練習にもなりますし、お互いが視線や体をどこに向けるのかの練習にもなります。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大