少年サッカーでのドリブルの個人技上達テクニック(練習方法)

dribble
少年サッカーのチームでレギュラーを勝ち取るためには、やはりライバルよりも個性的なプレーや技術を持っていることです。

とはいえ、プロのサッカー選手のようなミラクルなプレーをいきなりできるようになるわけでもありませんしキック力だけが上達しても、なかなかレギュラーを勝ち取るのは難しいものです。

まずは、基本的なドリブルの技術を上達させて、しっかりとしたボールコントロールと、ボールをキープできるチカラを身に付けましょう。

ドリブルの個人技上達の練習方法

ドリブルテクニックを上達させるための練習方法としては、カラーコーンを使った練習方法が効果的です。

今までのようにただ、コーンを左右に抜いてドリブルしていくのではなく、左右どちらか一方の足だけを使ってドリブルをする練習をしてみましょう。

また、これがスムーズにできるようになったら、足のボールを当てる場所を左右のアウトサイドだけ、左右のインサイドだけ、と交互にどちらかだけでドリブルするのも効果的な練習方法です。

ドリブルの個人技上達の練習方法応用

少年サッカーでのドリブルの個人技上達の練習方法では、視野を広げる練習方法を取り入れることも効果的です。

例えば、二人一組になって、ひとりは並べたカラーコーンのゴールの位置に立って、もうひとりがドリブルしている途中で何度か指で数字をジェスチャーします。

きちんと視野を広く保っていたり、周りをみわたせていればドリブル中にそのジェスチャーをみて数字を答えられるという練習方法です。

楽しみながら練習もできるので少年サッカーのドリブル練習方法にはぜひ取り入れましょう。

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大
soccer-no1レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
soccer-no1レクタングル大